2009年01月14日

作品とタイトル

学校の課題とかでよくある作品の「タイトル」。適当につけてませんか?僕はかなり適当につけてましたが、最近タイトルってとっても重要だなーと感じてます。

例えばここに一枚の写真があります。写真からはいろんなものが想像できます。見る人の想像にお任せ状態です。
見る人にタイトルというもう一つの情報を伝えることで写真とタイトルが線で繋がります。
写真一枚の時よりも伝えたいことが伝わるようになります。

逆にさらに文章で説明を付けてみましょう。
長くなればなるほど状況がよくわかります。そのかわり見る人の想像は膨らみません。

要は見る人に与える情報の量や質で伝えたいことや伝わり方をある程度コントロールできるんじゃないかと。
これ、デザインにも活かせられます。


posted by 326 at 00:04 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Web制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。