2009年01月12日

しゃべることの大切さ

何かをしゃべることってとっても大切なこと。

なんかの本で読んだけど、
「考える」「書く」「話す」

「考える」だけだとすぐに忘れてしまう。
だって人間だもの。

「書く」と体が覚える。
物理的に体に刺激があると、余計に自己認識する。

「話す」と自分の声が耳から聞こえる。
考えて話をして、さらにそれが耳から入ってくる。

こんな感じで自分の想いを認識していくらしい。

例えば「好き」って気持ち。
これ、言葉にすればするほど「好き」になる。

人間ってふしぎ。
明日っから「やせすぎ」って言い続けよう・・・


posted by 326 at 01:54 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 326の気分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。